東大生ブログランキング  

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小池昌代「背・背中・背後」


さて、三回目ですね。
詩人の小池昌代さんの「背・背中・背後」です。

実はこの文章、高校時代に模試か何かで見かけたことがあったのですが、
その時には問題として解くのに必死でした。
ですが、今回は小池さんの柔らかい文章に対してこっちも肩の力を抜いて柔らかく戯れてみたいと思います。
(第一回、第二回目まではこちらの肩に力が入りすぎていたという反省もありますし)


小見出しは

■詩人は本当に子供のまま?
■「遊び」と「不安」とどっちが先?
■だ・る・ま・さ・ん・が・こ・ろ・ん・だの予測可能性

となります。
スポンサーサイト


【“小池昌代「背・背中・背後」”の続きを読む】

岡真理「棗椰子の木陰の文学」


さて、二回目となる今回は、
岡真理さんの「棗椰子の木陰の文学」です。

前回は、一回読み通してから、しかも行きつ戻りつ線を引く形になったので、
ライブ感が失われたかなあということと、
やはり長かったかなあというのが反省点です。

なので、今回も一回読み通した後ではありますが、
一回線を引き始めたら後戻りはせずに文章の最後までいったので、
前回よりは未整理な部分もあるぶん、臨場感が出ているのではと思います。
また、一個目の節で結論部を見ることで若干短めになったかと思います。

小見出しは

■「距離」について:中の人と外の人
■列挙という罠について
■「痛み」について
■再度「距離」と「生」と「当事者」であることについて

となります。

【“岡真理「棗椰子の木陰の文学」”の続きを読む】

大澤真幸「巫女の視点」


さて、栄えある第一回目は、大澤真幸さんの「巫女の視点」という文章です。

小見出しをふっておくと、

■真実はいつも隠されている?
■「言語」と「身体」に分ける見方のひび割れ1 民間伝承
■「言語」と「身体」に分ける見方のひび割れ2 労働価値「説」
■巫女は結局何をしたのか?

となります。

【“大澤真幸「巫女の視点」”の続きを読む】

FC2Ad

相続 会社設立

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。